【体験談】就労継続支援A型に入所したお話

就職 仕事

こんにちわ猫助です(=’x’=)ノ

ハローワークから紹介を受け、この度「就労継続支援A型」という事業所を利用する運びとなりました。

その初日の様子を簡単にご紹介します。

就労継続支援A型とは

就労継続支援A型…というとなんだか物々しい感じがしますが、簡単に言ってしまうとお金をもらいながら、これから生きていけるような生活リズムを整えたり、企業に就職できるよう訓練する施設です。

長いことうつ病をやっていますが、この就労継続支援の制度ってのをつい最近知りました。

 

なぜ利用することにしたのか

考える

いろいろな会社にお世話になりましたが、どうにも体調を崩し気味なので「だめだこりゃ、企業に勤めるのは無理」と思っていました。

じゃあどうどうしようか…と考えていた矢先、ホームページ作成などパソコンを使った作業をやらせてくれるところがあったので、入所を決定。

 

そして、ハローワークからの紹介を受け見学に行くまでは、普通の会社だと思っていました…(求人票をちゃんと見てなかった笑)

正直、見学に行く前はお世話になるつもりは全くなく「ちょっと見て来るか〜」と軽い気持ちでした。

 

そして代表の方とお話しすること数時間。

かなり自由にやらせてもらえる…!

仕事場には自分ひとりでいられる…!

雪が降ったら来なくていい、と言われるくらい自由…!!

 

ただし教える人がいないため、全て自分で勉強しなくてはならないとのこと。

自由の代償には責任が伴うってやつですね。

元々、やりたい分野だったのでそこは問題なし。

スキルがなくても覚えながらやればいいよ」この言葉が決め手となりました。

 

初日の様子

いざ当日、お世話になりますの挨拶はやっぱり緊張しました。

しかし朝礼が終わるとすぐひとりにさせてもらえました。放置といえば放置ですが笑。

すぐにホームページの修正からスタート。ツールの機能など初めて触るものだったため、ネットで調べつつ手探りの作業

作業に集中せざるを得なかったため、緊張はすぐどこかへ行ってしまいました。

 

ここで誰かに教わる形だと安心感はあるものの、やはり緊張が解けなかったと思います。

おわりに

ステップアップ

他の施設に入ったことがないので比較はできませんが、一般企業と比べると気持ちの面で楽です

冒頭で言ったようにいろんな企業で働いてきましたが、全てうつ病を隠しながらでした。

バレることはなかったのですが、「うつ病と知られたら、変に気を使われてあまり仕事をさせてもらえないのでは…」という不安がありました。

何かを隠しながらは性に合わないようです。

 

これから覚えることは山ほどありますが、それはどこの企業に勤めても同じです。

ならば自分を偽らず、緩く、自由にやらせてもらえるところで働きたい。

「そんなところはない」と諦めていたのですが、あるものなんですねぇ。

 

誰かに喜んでもらえるようなモノを作れるように頑張っていきたい所存です。

 

以上となります。

ここまで読んで頂き、ありがとうございました!


メンタルヘルスランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました