【体験談】うつ病回復期の問題行動3/3【症状】

困ったねこ メンタルヘルス

こんにちわ猫助です/ᐠ .⋏. ᐟ\ノ

今回は私の体験したうつ病の問題行動、「就職を焦る」についてご紹介します。

今回は、下記のリストの3つめ「就職を焦る」について、ご紹介させて頂きます。

うつ病回復期の問題行動3つ

  1. 買い物をしまくる(該当記事へ)
  2. よくわからない講座に申し込む(該当記事へ)
  3. 就職を焦る

早く働きたい!と焦るうつ病の方は多いと聞きます。

もれなく私もそうでしたので、その時の状態や自分なりの解決策を書いてみました。

参考になれば嬉しいです。

3.就職を焦る

「就職を焦る」原因

「就職しなければ!」と焦ったのは、無謀にも寝たきり状態が少し回復してきたくらいでした。

その当時はまだ薬を大量に飲む癖があったし、風呂に3日ぐらい入らないような状態でした。「薬を飲んで寝ていたい」欲と「風呂に入る気力がない」時期でした。

それでも17時間も寝なくなったからもう就職できるでしょ!と謎の確信がありました。

厄介なのは、「確信」しているところ。なぜなら自分を疑わないから

思い込みって怖い笑

 

その時、29歳だったので「30歳までに正社員にならないとどこも雇ってくれなくなる」と焦る気持ちがありました。

元々プログラマだったのですが、当時の会社で「(今も?)プログラマ30歳説」というものが囁かれていました。

その年までにプログラムを極める道を選ぶか、SE(システムエンジニア)になるかの区切りが30歳と言われていました。

その話が頭に刻まれていたせいもあるかもしれません。

30歳になったら、新しい職も無理なのでは?そんな思い込みがありました。

今では正社員だけが生きる道とは思わなくなりましたね。

ネットや本でいろんな人の生き方を見て考えが大きく変わったし、正社員が全てという考えはやめました。自分が苦しいだけですし。

もちろん正社員で働いている人への尊敬もあります。

正社員で働き続けることはスゴイと私は思います。自分ができなかった事ですから。

主治医に必死に止められる

STOP

行動を起こす前、きちんと主治医に報告するあたりがサラリーマンの性(さが)。

まぁ当然止められますよね。

主治医いわく「まだ早い、早いよ!メンタルが不安定な時は大きな決断と実行はマイナスにしかならないから」とのことでした。

もう大丈夫なのに・・・と当時は本気で思っていました。

そんなに私はダメなのかと凹みましたが、主治医を信頼していた事もあり、就職やアルバイトは諦めました。

今から思えば大正解でした。

医師でなくても、うつ病まっ盛りの人間が働く!と言ったら無理だと止める思うし、そんな状態でアルバイトも受かるとは思えません。

主治医は『アルバイトすら落ちる→自分が世間から否定されている→さらにメンタルが落ち込む→うつ病が悪化する』事を心配したのだと今になって思います。

当時はそこまで考えませんでしたが・・・。

そして主治医を信頼していたので、素直に助言を聞くことができました。

あそこで就職活動をせずによかった、と思っています。

メンタルが不安定な時、大きな決断はマイナスにしかならない

これは本当に痛感していて、今でも具合が悪い時は、普段なら絶対しないような行動をしがちです。

前回「うつ病回復期の問題行動2/3」で話をしたセミナーに申し込んだりするも同じような時期にやらかしてます。自分も大変だし何より周りに迷惑をかける事になります。

もしあなたもちょっと落ち込んでるな、身体の調子がおかしいな、と思った時は決断だけは避けるようにしてみてください。

考えるだけに留めておいた方が無難です。

しかし自分の状態を把握するのって、難しいですよね。

実は人は自分のことを理解できていない、と聞きます。とてもよくわかります。

 

双極性障害の人と話す機会があったのですが「テンションがハイになると知らない人に声をかけちゃう」と言っていました。

外交的でいい事のように思いますが、この方もなかなか自分の行動に困っていたようです。

今やっている日々の対策

日記を書く

私は寝る前に毎日、手書きで日記を書いています。

とにかくその時思った事をなんの脈絡もなくだーっと書く。

嬉しかった事、嫌な事、ふと頭に浮かんだ事をとにかく書く。

何も浮かばなかったら、「なし!」でも良いとしています。

でも大抵、何かしら思うことがあります。

書いていくと、自分は「嫌なことばっかり思っているんだな」とか「今日は楽しいことがあったな」とか実感します。

延々と悩みを書いていると、「今あまりメンタル状態が良くないんだな」と気づくことがあります。

そして決断を少し留まる事もありました。

「○○やろうとしたけど、もう少し考えを練るか・・・」

このようにメンタル状態が悪い時は行動を保留しています。

最初は日記を書くものしんどいと思います。

それでも寝る前に自分の思いを吐き出すとスッキリします(`・ω・´)ゞ

詳しく知りたい方は” ジャーナリング ”で調べてみると、いろいろ記事か出てくるので、参考にしてみてください!

日記っていろいろな効果があるようですし、自分にあったやり方で挑戦してみてはいかがでしょう?

 

以上、就職を焦るについて紹介させて頂きました。

焦る気持ちはすごくわかります。

だけど、自分のために長い人生をゆっくり歩きませんか?

ゆっくり歩くことで見える景色もあるはずです。

 

読んでいるあなたの気持ちが少しでも楽になれば幸いです。

ここまで読んで頂き、ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました